山形【蔵王の御釜】のおすすめの時期と行き方は?

日記

 

 

8月ですね。

まもなく立秋というのに、

毎日暑すぎます、ホント。

あ~、暑い。

 

我が家のにゃんずは、

エアコンに救われ?

ているのか、

おかしなバテ方はしておらず。

 

これは一安心ですけど、

飼い主たちは、

毎年のことながら、

典型的な盆地の暑さに、

完全にバテ気味(笑)

あっつい・・・

 

 

夏こそ蔵王に

 

この猛暑の中、

関東にいる友人が、

『 遊びに行くね!! 』

と、

日帰りで

遊びに来ることになって。

 

ちょうど私も、

事務日にしている日だったから、

二つ返事で

オッケーしたはいいけど、

久しぶりで嬉しい反面、

よりによって、

暑さのピークと言われている

この時期に、

 

マジか・・・と。

 

バテ気味の私が考えたことは、

【 暑さから逃れる 】

こと!!

 

家に居ても暑いんだもん。

じゃあ、どこよ?って。

 

我が家は暑い。

エアコンなんて、

あってないようなもの。

友人はアレルギーがある。

暑くて、

にゃんずの毛だらけの家になど、

呼べるわけない!!

 

観光馴れしていない、

ポンコツな私の知恵なんて・・・

 

避暑地ね。

 

あった、あった。

お連れしましたよ、

超避暑地!!!

 

盆地が暑いなら、

てっぺんに行けば良いのです!!

 

10時過ぎに山形駅に到着した

友人を拾って、

 

【 蔵王の御釜(おかま) 】

 

へ向かいました。

 

蔵王の御釜って?

出典:http://yamagata-hanakairou.jp/log/?l=302182

蔵王山って山は、

実は無いんです。

宮城県と山形県にまたがる、

奥羽(おおう)山脈の連山、

蔵王連峰のことを指します。

 

山形蔵王、宮城蔵王

とも呼ばれています。

 

主峰の熊野岳は標高1841mで、

刈田岳山頂の御釜や、

高山植物が群生する

蔵王自然植物園など、

見どころがたくさんある、

「日本百名山」の1座なんです。

 

その中でも有名なのが、

蔵王の御釜です。

 

特徴

御釜は、

噴火によって出来た火山湖で、

お釜の周囲は1000メートル、

直径は約330メートル、

最大水深は約27メートル、

という沼の底からは、

今も硫黄成分が噴き出していて、

ph3.5の強酸性の水中には

生物は存在しません。

 

水面下10数メートルで

水温が2℃まで下がった後は、

深くなるほど

温度が高くなっていく、

特殊双温水層になっています。

 

様々な条件によって

水の色が変化するので、

五色沼とも呼ばれたりもします。

 

異空間のようです

 

太陽の光の加減、

雲の動きでも、

コロコロと色が変わるので、

本当に神秘的で

キレイですよ。

 

市街地の気温より、

10℃前後低いので、

8月の猛暑の時には

ちょうどいい気温で楽しめます。

 

 

天気は要チェック

市街地が晴れていても、

御釜の天気も

同じとは限りません。

 

私も

山形に住んでいるとは言え、

記憶にあるだけでも、

ほんの数回しか

御釜を拝めたことはないのですよ。

 

全く見えない・・・

出典:http://gosyuin-nagither.com/

 

行ったはいいけど、

ガスで見えないとか、

風が強すぎて規制されたとか、

雨がスゴイとかetc・・・

 

今回は、

この友人、持ってんな~、

と思うくらい、

ハッキリと現れていて、

清々しい空気の中で

散策が出来ました。

 

ちなみに、

この日の市街地の気温は

36℃くらいでしたが、

御釜は、25,6度だったので、

本当に過ごしやすかったですよ。

 

出かける前に、

御釜の天気

調べたほうがいいですね。

 

御釜を鑑賞できる時期

かなりの雪が積もるので、

蔵王エコーライン、

蔵王ハイラインが

冬季は閉鎖されます。

春はこんなカンジです

 

冬期閉鎖前と開通後は、

夜間通行止めになることも。

 

火山活動が活発になることも

無いわけではないので、

こちらをチェックしてから

お出かけになるといいですよ。

宮城県・(一社)蔵王町観光物産協会

 

御釜を鑑賞できる期間は、

4月下旬~11月上旬となります。

 

8月頃がおすすめです。

気温もちょうどいい感じです。

 

実際に、

観光で訪れる人の多さは、

8月が一番のようですよ。

 

御釜に行くときの服装

気温差があるので、

必ず長袖の服を一枚は

持参すべきです。

 

8月は、

比較的過ごしやすい気温ですが、

風が少しでも強めだと、

体感温度が低くなりますから、

御釜の天気は甘く見ないように!!

リフトを利用するならなおさらです。

 

ここを下っていきますよ~

 

足元は、

岩や石も沢山あって

ゴツゴツしていますし、

湿っていると、

ツルっと滑ることもありますので、

スニーカー、

もしくは、

トレッキングシューズが

おすすめです。

 

刈田嶺神社の奥宮

御釜を背にしています。

 

空が近い!!

ズームしていないんですよ。

 

御釜を左に、

登って行きます。

 

ちょっとだけ

太ももにきます(笑)

刈田山頂にある、

刈田峰神社・奥宮です。

 

天井を感じるくらい、

空が近く感じるところです

 

祭神は天之水分神・国之水分神

(あまのみくまりのかみ・くにのみくまりのかみ)。

かつて、

蔵王山頂には

蔵王信仰の根本・蔵王大権現社が鎮座していました。

江戸時代後期に流行した蔵王参詣では、

この蔵王大権現に

参拝することが目的となりました。

明治初頭、神仏分離令を受けて、

嶽之坊と合一して

水分神社(みくまりじんじゃ)と改称、

さらに

蔵王刈田嶺神社奥宮と

改めて現在に至ります。

神社付近からは、

御釜や仙台方面を望むことができます。

蔵王エコーラインの

冬期通行止め期間中は、

基本的に見ることができません。

冬の間、御神体は山を下り、

遠刈田温泉街にある刈田嶺神社へと移されます。

 

引用:http://www.zao-machi.com/21346

 

うっかり

御朱印帳を忘れてしまったので、

今回は紙でいただきました。

私がいただいてきた御朱印の中で、

一番標高の高い神社です~。

 

神社からも、

キレイに見れますよ。

 

奥には馬の背が見えます。

 

アクセス

今回は

山形駅から車で行きましたが、

途中寄り道もしながらだったので、

かかった時間は、

約1時間20分ほどでした。

 

山形駅から御釜まで直行だったら、

約1時間ちょっとくらいです。

(かからないかな)

 

蔵王刈田山頂には、

有料道路の

蔵王ハイラインを通ります。

料金は540円です。

 

刈田峰神社が見えます

 

山頂の駐車料金は掛かりません。

 

リフトを利用する場合

蔵王ハイラインを使わず、

一つ前の、

蔵王刈田駐車場に

停めることもできますが、

この場合は、

リフトを使って山頂に向かいます。

 

景色もいいので、

天気の良い日はおすすめです。

※夏といえど気温が低いので、

上着は必ず持参してくださいね。

 

4月~11月頃まで乗ることができます。

リフト料金は、

往復750円

片道450円です。

(帰りも使ったほうが〇。)

 

リフトは片道7分、

降りてから徒歩4分で

御釜の見える所まで行けます。

 

 

バスで移動

御釜までの行き方は、

自家用車かバスになります。

 

バスを利用する場合は、

本数が限られているので

注意が必要です。

無料バスもありますので

紹介したいと思います。

 

山形側から向かう

このバスですね

 

JR山形駅から

蔵王温泉バスターミナルまで、

山交バス

1日15便運行しています。

所要時間は約1時間50分です。

運賃は、

片道2,050円です。

 

ただ、

山形駅から

蔵王刈田山頂(御釜)までのバスは、

 

【行き】

山形駅:9時25分発

蔵王刈田山頂:11時06分着

 

【帰り】

蔵王刈田山頂:13時00分発

山形駅:14時38分着

の、1運行なんです!!

 

あとの14運行は、

蔵王温泉バスターミナル

までです。

 

蔵王温泉バスターミナルが終点で、

ここまでは15運行ですが、

その先の御釜までは、

タクシーのようです。

 

なので、

運賃や所要時間なども考えると、

自家用車が一番楽ではありますし、

他県から観光に来た方は、

山形駅から御釜へ向かう時は、

駅からレンタカーで行くことを

おすすめします。

 

かみのやま温泉駅から向かう

JRかみのやま温泉駅から

蔵王刈田駐車場までは、

なんと、

グリーンエコー号という、

無料シャトルバスが出ているんです!!

1日2往復で、

毎日運行しています。

 

2019年は、

4月27日(土)~11月4日(月)

の期間運行です。

 

所要時間は、約1時間です。

 

【行き】

かきのやま温泉駅前

9時20分/13時25分発

 

刈田駐車場

10時20分/14時25分着

 

【帰り】

刈田駐車場

11時15分/15時30分発

 

かみのやま温泉駅

13時00分/16時36分着

 

です。

 

途中、

猿倉スキー場や、

蔵王ライザワールドにも

乗降可能です。

 

ただ、この無料バスは、

刈田駐車場までなので、

山頂までは

リフトの使用となります。

 

宮城側から向かう

JR白石蔵王駅から、

蔵王刈田山頂までのバスは、

宮城交通

1日2往復の運行をしています。

 

2019年4月27日~11月4日の間の

土日・祝日

及び、

8月13日・14日・15日・16日運行

となります。

 

所要時間は約1時間45分で、

料金は、片道1,920円です。

 

【行き】

白石蔵王駅

9時38分/10時30分発

 

蔵王刈田山頂

11時25分/12時17分着

 

【帰り】

蔵王刈田山頂

12時00分/13時00分発

 

白石蔵王駅

13時37分/14時37分着

 

です。

 

山頂レストハウスでご当地の名産品も

蔵王山頂レストハウスは、

1階には軽食や

お土産の売店と御手洗い、

2階にはレストランがあります。

 

2階は熊野岳を一望できるので、

眺めながらの休憩もいいと思いますよ。

御釜にちなんだ

釜カツ丼やおそばなどの

メニューが揃っています。

 

玉こんにゃくは山形、

ずんだソフトは宮城の

ソウルフードです。

出典:https://www.kiyokawaya.com/fs/yamagata/c/gr170

 

どちらもおすすめです。

 

友人は、

1階の売店にあった、

 

【世界一当たる恋のおみくじ】

 

を引きました!!

 

やっぱりこの友人は持ってました。

 

大吉ですよ、大吉!!

 

ヒントは青色?

 

御釜の色じゃ~ん!!!

※今回はエメラルドグリーンだったか・・・?

 

今回、

友人が来てくれたから

御釜に行くことができて、

 

まさか、

こんなにキレイに見られるとは

思っていなかったので、

友人にはホントに感謝です!!

 

日帰り旅行で

かなりハードだったと思うのですが、

懲りずにまた来て欲しいです。

 

米沢での夕食は

また今度書きます。

これまた美味しかったな~

 

今度は、

また違う山形を

存分に案内しますね。

 

7月に、

ツキノワグマによる

人身被害が発生していたらしい・・・

 

知らなくてよかった(笑)

 

The following two tabs change content below.
tsuyochii

tsuyochii

にゃんずと夫さんとのほほんと毎日を過ごす、限定ジャニーズ大好き主婦です。テレビドラマ・漫画ヲタクっぷりも惜しまず書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました