猫に協調性を求めるのは間違いなの?!

ぼやき

あっという間の11月。

あれよあれよと

月日はただ過ぎていくばかりなり。

今年も残すところ2か月。

 

我が家の3にゃんたちも、

今年の異常な暑さにもかかわらず、

毎日毎日、

本当にかわいそうなくらい

クーラーから逃げてましたな~(笑)


暑いわ・・・

 

でも、

暑い家の中でも、暑すぎず、

湿度の低いところを選んで

ぐだ~っとしているんだよね。

猫さんはナチュラリストですよ。


にこちゃんひどいね(笑)

 


肉感半端ないね~・・・

 


暑くてど~しようもない・・・

 

無駄な動きをしないにゃんずには

マジで尊敬です。

 

冬の今は、暖かい場所を求めて、

時間ごとに放浪する賢こさん。

にゃんずのいるところは絶対に快適。

これは間違いない。


もこちゃんぬくぬく


にこちゃんぬくぬく

 


わこちゃん

 

しかし、そのにゃんずたち、

マジで仲が悪い(はははは・・・笑)

 

暑すぎて動かないときは

“なんて大人しい我が子たち”

と思っていたけど、

だんだんと動きやすい気候になってきたら、

仲が悪いというか、

我関せずというか、

単純に協調性が無いというか。

ナチュラリストにも程がある!!

いいんだ、別にね。

猫さんだし。

 

でも、

ここまでバラバラなのは

猫だから仕方ないのかね?

猫同士、顔を見れば怒り始める

猫界の大先輩のもこちゃんに、

まだまだぺーぺーわこちゃん

その横柄極まりない失礼な態度に、

飼い主は毎日、

マジでやきもきしているんですよ。

 

おっとりのはずのもこちゃんが

わこちゃんが近くに来ただけで、

地鳴りのようなうめき声で

半端ない嫌がり方をするのが日常。

飼い主はわりとショックというか、

切ないというか。

ちょっと先輩のにこちゃんにだって、

あの巨体で飛びかかり、

本気噛み?するんだから、

にこちゃんだって高いところから

降りてこなくなるっちゅ~のよ。

逃げるプロになってしまった・・・。

おトイレ事情もあるから

なんとか歯向かえるくらい

強くなって欲しいんだけど、

もう苦手だから難しい。

猫はただ単に協調性が無いだけなの?

しかし。

飼い主はわこちゃん

めちゃくちゃかわいいもんで。


でふ~ん

 

おデブちゃんって、

なんであんなにかわいく見えるんだ。

 

もこちゃんは、

生後7か月で我が家にやってきまして。

人慣れはしていたので、

心を開くまでは

そんなに時間はかからなかったかな。

この子は、典型的なツンデレ姫。

これがたまらんのですね。

お母さん猫と、お兄ちゃんもいたので、

凶暴さも無く、

9歳まで

夫婦に猫っかわいがりされて過ごしてきた

究極のお嬢様。

 

にこちゃんは、生後4か月で我が家に。

この子は犬ちゃんか?

ってくらいスキンシップ有りの子で、

私は戸惑いをいまだに隠せず。
(まだ慣れていないところも有り・・・)

保護前までは

お母さん猫さんはいたと思うけど、

我が家に来る日まで、

お兄ちゃん猫さんとか、

数匹の猫さんと一緒にいたので、

全然噛み癖も無ければ、

優しすぎるくらいのイケにゃんでして。

本当に優しい子。

この2にゃんが

ちょうどいい距離感を得るまでに、

約2年。

長かったような、あっという間だったような。

だから、

協調性が無いわけではないんだよね。

 

わこちゃんがやって来て、

一気に猫さんの協調性の無さを

痛感させられたというか、

猫界の厳しさを見せつけられ、

人間の仲裁なんて

何の意味を持たないんだと溜息。

はぁ・・・(*´Д`)

 

あ~、わこちゃん

なんてきかん坊なんだ!!

猫の性格は父譲りらしい?

お姉ちゃんとお兄ちゃんと、

ただ遊びたいだけなのもわかる。

ただ、

遊び方が雑というか。


噛むなよ!!ってもこちゃん、助けてっ!!!

 

結局、お相手は人間さんになるわけで。

困った。

この家の秩序も守りながら、

各々の個性も壊さずにわちゃわちゃと過ごしたい。

ど~すりゃいいんだ?!

子猫の性格は、

父親の

『 友好的かどうか』

の部分が強く受け継がれるらしいとあった。

母猫ではないのだとか。

そう考えると、

もこちゃんのお父さんは、

人間には友好的

にこちゃんのお父さんは、

人間にも猫さんにも友好的

わこちゃんのお父さんは、

人間には友好的、

猫さんには・・・

と考えられる。

いや。

これだけではないはずだ!!

猫の毛色にも関係が!!

父猫が友好的かどうかに関係するのは

なんとなくはわかったけど、

しっくりこない。

そしたら、

このような記事を発見しました。

“ 猫の性格には、

被毛の色や柄によっても傾向があるようです。

  • 白・・クールで気が強く、ツンデレ
  • 黒・・甘えん坊でいたずら好き、フレンドリー
  • 白+黒・・協調性が高く穏やか、マイペース
  • サバトラ・・神経質で気が強い、エネルギッシュ
  • キジトラ・・警戒心が強く臆病、シャイ
  • 茶トラ・・臆病だが優しくひょうきん、アクティブ
  • 三毛猫・・わがままでプライドが高い、ツンデレ
  • サビ猫・・協調性が高く温和、マイペース

純血種などの血筋による性格の傾向もあります。

  • アメリカンショートヘア・・明るく遊び好き
  • アビシニアン・・頭が良く、人なつっこい
  • スコティッシュ・・温和でおっとり、大人しい
  • ロシアンブルー・・温和で内気
  • ジャパニーズボブテイル・・人なつっこく順応性が高い
  • ペルシャ・・穏やかで大人しい、ほとんど鳴かない
  • MIX(雑種猫)・・丈夫で健康  ”

引用:https://cyobiblog.com/cat-personality

なるほどね・・・

もこちゃん、サビ猫(茶)・MIX
にこちゃん、キジトラ(黒)・MIX
わこちゃん、サバトラ(白)・MIX

まさにそのとおり!!!!


協調性はあるがマイペース

 


臆病だけどフレンドリー

 


エネルギッシュなツンデレ

 

はい、文句無しです、

これだけしっくりきたら。

環境による後天的な性格とか、

どれだけ親子でいたかとか、

いろんな要因もあるけれど、

単純にここまで納得できたら

もう、見守るしかないな。

猫さんに任せてみる

こんなに悩んでいた妻を、

我が夫さんはわかっていない。

一日の殆どはいないもん、家に。

仕事ですからね。仕方ない。

にしても、

いいとこ持っていくんだ、

夫さんは。

 

にこちゃんは夫さんが大好きで、

帰ってくるとすぐ夫さん目がけて飛び乗って、

安全を確保。


鷹匠か!!

 

なぜにそうなるのかという実態を、

夫さんは完全には把握しきれていないでしょう。

ズルいんだなぁ…

 

妻は毎日、3にゃんの仲裁を頑張ってんのにさ、

夫さんがいるときにはそんな状況にならないから

いくら説明してもわからないはずで。

つ、疲れてきた。

わこちゃん

早く大人な感じになっておくれ。

妻は、白髪がスゴくなってきたんだからさ。

平穏な毎日を送って行こうよ~。

 

猫さんには猫さんの、

人間にはわからない解決法があるんだろうね。

“ヴ~ヴ~、シャーシャー!!”

を聴いても、

ここは我慢して見ていようか。

なんやかんやで、

みんな、

爪を立てたり、

血を流すことはしてないからね。

穏やかな毎日を送りたい・・・。

 

 

 

The following two tabs change content below.
tsuyochii

tsuyochii

にゃんずと夫さんとのほほんと毎日を過ごす、限定ジャニーズ大好き主婦です。テレビドラマ・漫画ヲタクっぷりも惜しまず書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました