水循環型ポータブル手洗い機【WOSH】は感染症防止の新しいスタイルを作る?!

気になる情報系

今年は、新型コロナウイルス感染症で始まり、新型コロナウイルス感染症で終わるという、

今までには経験したことがないような一年でした。

現在も、感染者の数は増え続けていますね。

このウイルスが現れてからというものは、当たり前にしていたことが出来なくなるし、

当たり前に出かけていた所にもなかなか行けなかったり、

常に買っていたものが買えなくなったり。

ストレスの質が変わったというか。

医療従事者の方々は比じゃないくらいですよね。

除菌グッズは必需品に

最近は、マスクも除菌グッズも欠品はしなくなったので、

危機感のようなものは感じないですが、

でもやっぱり、常にストックしていないと安心できないですし、

車にもバッグにも必ず除菌グッズは備えています。

このウエットティッシュがお気に入りで、

広げると、A4サイズくらいになるので本当に良いんですよ。

でも、かさばるんですよね・・・

ウエットティッシュじゃなく、直ぐに手を水で洗いたい時ありませんか?

[選べる3本セット]日本製 香るアルコール除菌液 携帯用スプレー30ml ウイルスを除菌・除去【送料無料】

水循環型手洗い機が登場

外出先にも常にウエットティッシュを携帯していますが、

うっかり指が汚れたりしたときは、

いくらきれいに拭き取ったつもりでも、水洗い出来たらなぁと思いませんか?

だからと言って、

わざわざコンビニや商業施設に入ってまで・・・と思ったり。

今年の7月に、スゴイ手洗い機が開発されたんですよ!!


出典:https://wota.co.jp/wosh/

水循環型手洗い機【WOSH(ウォッシュ)】

です。

ご存知の方もいるとは思いますが、ホントにこの手洗い機はスゴイんですよ!

ご覧になってみてください。


出典:https://wota.co.jp/wosh/

水道が自由に動かせるなんて驚きですよね。

WOSHの特徴

何がスゴイって、

その場に水道がなくっても設置が出来る、何とも画期的な手洗いスタンドなのです。

どういうことかと言いますと、

ドラム缶型のこのスタンドには約20Lの水を溜めることができ、

その水を特殊なフィルターを使ってろ過し循環させて使うので、

電源さえあれば、連続500回は使えるそうです。

だから、水道が無くても設置できるのです。

さらにスゴイ機能が付いている


出典:https://wota.co.jp/wosh/

ただでさえスゴイ機能なのに、もう一つ驚く機能が付いているんです。

なんと、

手洗いをしている30秒間にスマホの除菌が出来るんです!

一石二鳥ですよね。

スマホ除菌もできる 持ち運び便利なポータブル UV-C充電式 除菌器! 【2020進化版 99%細菌消滅 】

どんな仕組みになっているのか

ただ水を循環させているだけではないんです。

当たり前ですよね。

3つのフィルター(2つの活性炭・1つのRO膜)によるろ過不活化で、

ウイルスの不純物を綺麗にするので、

20Lの水を循環し続けられるらしいのです。

ウイルスの1/100のフィルターで、絶対に通さず完全除去。

供給水質の安全性を担保するために、

膜ろ過・塩素添加・深紫外線照射の3段階のWOTA独自のテクノロジーを搭載しています。

供給される水質はWHOの飲料水ガイドラインや各国の飲料水基準に準じており、

完全に衛生的な水を供給いたします。

スマートフォンの深紫外線照射機能も搭載しており、

手を洗っている30秒間でスマホ表面についた菌の99.9%以上を除去します。

引用:https://wota.co.jp/wosh/

フィルターでろ過された水に対してウイルスを完全に除去するために

深紫外線照射と塩素系消毒剤の投入を行うのだそうです。

安心して使えますね。

 

スマートフォンも除菌できる


出典:https://wota.co.jp/wosh/
手を洗っている間の30秒間に、ブルーのライトが光ります。

その間に、スマホに付着している幅広い細菌やウイルスに対応する、

高い線量の深紫外線を照射し除菌してくれるのですよ。

コロナウイルスの場合は、99.9%以上の除去が可能だそうです。

スマホも除菌して、洗った手を清潔に保てるなんて画期的ですよね。

このような製品を考えたのは、

どんな会社で、どんな人なんだろうと思いませんか?

残念なことも

手洗い後には風で水滴を飛ばしたり、ハンドペーパーで拭いたりと、

洗面所には必ず備え付けがあるものだと思っていましたが、

残念ながら、WOSHにはそのような設置は無いようです。

手洗い後は、自分のタオルやハンカチで拭くとのことです。

風を出す機能は結構電力を使うようなので、

今の段階では開発中なのかもしれません。

WOTA株式会社ってどんな会社?

この水循環型手洗い機【WOSH】を知ったとき、

どんな会社が作り出したんだろうと、直ぐに調べました!

【株式会社WOTA】は、

“水処理装置の製造・開発、アルゴリズム開発”

が事業内容とありました。

HPを全て見たときの第一印象は、おしゃれだなと思いました。

センスがいいHPだからとか、

ただ便利な製品を作っているとか、

スゴイ機能ということだけに特化させているとか、

そういうことじゃないんです。(私の主観です)

素晴らしい製品ばかりですよ、もちろん!

構想が、地球に優しくておしゃれな感じに思えたんですよね。

粋というか。

【人と水の、あらゆる節約をなくす】

という構想に惹かれましたね。

水の歴史と未来を考えて、

人類のために水の改革をしようとしてるのがよくわかるんです。

水無くしては人類は発展しないだろうし、

でも、水は悩みの種にもなる。

水の束縛と表現されているところには、ハッとしたくらいです。

確かに、って。

水を大切にするが故、節約は当然という束縛を解き、

自由で創造的でワクワクする未来を作ろうと小さな水システムから始まり、

あらゆる人が水問題から解放され、

お金や世代、都市、砂漠、宇宙・・・でも、

水と自由に楽しめる未来のために努力と責任を果たしたい、

というような考えを持った会社のようです。

CEO前田瑶介氏とは


出典:https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20201201/se1/00m/020/061000c

1992年徳島県出身。東京大学大学院修了。建築学を専攻。
高校生の頃に凝集剤を研究して日本薬学会で発表したのが水との初めての接点。
在学中に省エネのビル制御システムを開発し、売却。
その後、大学の先輩が代表を務めていたWOTAを引き続き継いで代表に就任。
引用:https://wired.jp/2020/07/16/wota-wosh/

経歴を見ただけでも、目がチカチカ眩しいくらいなのに、

されていることも眩しいくらいに大きいんですよ。

どうして水問題に興味、関心を持ったのかが、

こちらを読むとわかりますよ。

 四国の田舎で自然に囲まれて育ったので、子どもの頃は身近な生物を対象に研究をして過ごしました。東京大学の合格発表のため上京した翌日、東日本大震災に被災。水道が使えなくなったことをきっかけに水インフラに関心を持つようになりました。大学・大学院で都市計画を学ぶうちに、水の問題は世界中で上下水道のシステムに縛られていることを知り、これまでの水道とは違う浄水システムの開発の必要性を感じました。もともと一番難しいことに挑戦したい性格なので、水インフラの課題解決は非常に難しいからこそ、懸けてみたいと思いました。

目標は、2020年代のうちに「水の循環利用」を当たり前の世界にすること。環境、健康、経済コストの観点で優れたシステムを作り、社会を移行させていきたいです。

引用:https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20201201/se1/00m/020/061000c

育った環境から感じてきたもの、感じるようになっていたものと、

ある出来事をきっかけに必要性を確信か・・・。(勝手に思う)

そう思ったとしても、

実行に移していくことってなかなか出来るものではないです。

地球規模の循環まで考えているようですよね。

スゴイ方です!

 

被災地に無償提供も

2016年の熊本地震を初めとして、

2018年の西日本豪雨、北海道胆振東部地震の避難所に、

水循環型のシャワーなどの設備(試作機など)を無償提供してきたそうです。

 

サッカーの本田圭佑さんが、2018年の西日本豪雨の際、

“大規模の断水 こういった問題を解決すべく

水浄化システムを開発している友人がいるので、

水に困っていて大変な生活をしている現場に、

そのシステムを届けてもらえないか話してみます”

とツイートをしたのですが、

このツイートが次々とリツイートされた頃には、

友人である前田瑶介さんはすでに現地入りしていたというから驚きです。

まだ試作中の屋内用のシャワーブース5台をトラックに積んで、

被害が大きかった岡山県倉敷市に。

本田圭佑さんとお友達ということにも驚きですが、

この行動力には脱帽です。全てが本気なんですよね。

コロナ対策にも動き出した!

新型コロナウイルス感染症予防は、

お店の入り口には必ずと言っていいほどアルコールが設置されていて、

消毒をしないと入店できないこともありますよね。

ですが、意外や意外。

厚労省は、アルコール消毒よりも手洗いを推奨するなど、

その効果を認めてるほどです。

手指に付着しているウイルスの数は、

15秒間の流水による手洗いだけで1/100になるらしいのです。

さらに、

せっけんやハンドソープで10秒間もみ洗いして15秒間すすぐことで、

1/1000にウイルスは減らせるらしいのですよ。

つい最近までは欠品が続き、

ハンドソープが備え付け容器に入っていなかったりもしました。


出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000033781.html

ですが、きちんと手洗いをしていたら、

コロナウイルスも防ぐことは可能なのですね。

反響の大きさが物語る

WOSH(ウォッシュ)は水道が無いところにも設置できて、

目の細かいフィルターを使用しているので、

新型コロナウイルスが含まれていたとしても、

このフィルターのろ過で除去が可能です。

手洗いで、手指表面の病原体を99.9%~99.99%の除去が可能となれば、

飲食店や商業施設からの引き合いが強くなるのはわかりますよね。

先行予約で、

病院や飲食店、3,500件を超える注文だったらしいですよ!!

銀座歩行者天国などで20箇所設置が決定

 


出典:https://wota.co.jp/news-20201211/

クリスマスから年末にかけて人手が多くなることを踏まえて、

銀座連合会とWOTAが協力し合って、

2020年12月19日㈯、20日㈰の二日間、

銀座歩行者天国や商業施設などの20箇所に、

水循環型ポータブル手洗い機【WOSH】が設置されることになったそうです。

安心して買い物や食事を楽しめるようにと、

公衆手洗い場を提供する取り組みのサポートをするのだそうですよ。

どれだけの人手になるのかはわかりませんが、

活躍してくれることは間違いなさそうです。

期間中に公衆手洗いを利用すると、対象飲食店舗で使用できる、

クーポン付きハンカチのプレゼントもあるようです。

地方ではなかなかお目にかかれませんが、

全国的に普及して欲しいと願うばかりです。

今後の感染予防対策で大切なことは

新型コロナウイルス感染症は日に日に増えていますが、

人間の行動一つで、

拡めることも抑えることも出来るものではあると思うのです。

ウイルス自体は簡単には消せなくとも、

感染しないような対処は出来るはずなんですよね。

沢山の研究者の方々はもちろん、

医療従事者の方々がコロナから守ってくれようと、

毎日必死で研究・開発・治療をしてくれています。

だから尚更、

個々の行動で協力をしていかないとなりませんよね。

株式会社WOTAのような、

地球も人にも優しいシステムが増えていくと良いですね。

【日本製】アルコエース5Lアルコール除菌 徹底ウイルス除去 大容量 国産高濃度のエタノール除菌液

 

The following two tabs change content below.
tsuyochii

tsuyochii

にゃんずと夫さんとのほほんと毎日を過ごす、限定ジャニーズ大好き主婦です。テレビドラマ・漫画ヲタクっぷりも惜しまず書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました