多頭飼育をして1ヶ月後、先住猫さんにある変化が!!

猫さん

それからの1週間は、

飼い主にとっても、

もこちゃんにとっても

地獄のような毎日だったと思います。

 

短いようで、

長い長い1週間です。

 

まず、

もこちゃんがご飯を食べないし、

おトイレも行かない。

 

にこちゃんのケージ前を通過しないと

おトイレに行けないから、

直ぐに引き返す。

 

大好きなホタテのおやつすら

“ふんっ”

と見向きもしない・・・

 

 

かたや、

にこちゃんは遊び盛りの

元気いっぱいの男の子。

 

 

食べるし、

(かなり)啼くし、

存在感がありあり。

 

 

これがもこちゃんにとって、

とってもストレスになってしまいました。

 

おしっこもうんちもしないのが

3日も続くと、

申し訳ない気持ちもそうだけど、

心配が怒りに変わってくるんです。

 

短気な妻、

爆発しました!!

 

 

 

猫の多頭飼いは猫の相性だけではなく、飼い主に根性があるかどうかだ!!

“確かに飼い主が悪い!!

勝手に子猫を連れて来ちゃったから。

 

でもね。

おバカ夫婦が一番大事なのは、

何よりも

もこちゃんなんですよ!!

 

わかりますか?!

もこちゃんに何かあったら、

妻は本当に悲しいんです!

夫さんも、

本当に悲しいんです!

 

だから、

ご飯を食べて、

おトイレに行ってちょうだい!!!

 

もこちゃんが一番なんです!!!!!”

 

と、

涙ながらに訴えました、

もこちゃんに。

 

何やってんだよ・・・と、

すぐに猛省しました。

 

そしたらなんと?!

 

食べてました・・・

何日ぶりだよ~!!!

 

おしっことうんち、

してました・゜・(ノД`)・゜・

 

もこちゃ~ん!!

 

 

そうなると、

方向性が見つかったおバカ夫婦は

行動が早くなります。

 

ケージを別室に移し、

もこちゃんのストレス源を

一つ一つ見つけては減らし、

 

無理に

にこちゃんに近づけないようにしました。

 

 

にこちゃんがやってきたのは6月。

 

1ヶ月経った頃に、

もこちゃん自らが、

にこちゃんのケージのある部屋に

足を踏み入れました!

 

興味はあったのですが、

あと一歩で引き返したり。

 

飼い主は、

しれ~っと知らんぷりを通していました。

 

にこちゃんよりも、

もこちゃんが一番大事

を貫いて、

 

何があっても、

もこちゃんを優先しました。

 

もちろん、

にこちゃんのことは

めちゃめちゃ可愛がりましたよ、

見えない所で(笑)

 

ケージから出すようになり、

ここからが長かったけれども、

もう、引き返せないし。

 

もこちゃんは、

脱毛も無ければ、

血尿も無かったし、

ストレスには負けなかった

ということなので、

 

2匹の距離間を飼い主共々、

常に注意して見ていました。

 

神経質かもしれないけど、

先住猫さんの空間に、

ほかの猫さんを連れてきてしまったので、

 

これが当たり前になるまで

まぁ、時間との戦いだなと思って

見守っていました。

 

 

猫パンチは日常茶飯事!でも、受け入れてくれたもこちゃん

にこちゃんが、

少しでも近づこうものなら、

シャーッ!!!と、

威嚇はしながらも、

 

パ~~ンチ!!

 

なんやかんやで

受け入れてくれたもこちゃん

 

 

もこちゃんの猫パンチは、

めちゃめちゃ早い連打で、

にこちゃんはかないません(笑)

 

 

そんな2匹も、

2年も一緒にいると

こんなふうにもなるんですよ。

 

おねいちゃん、お外だね。

 

こんな光景は

稀なことですが(笑)

 

初めて2匹が一緒に水を飲んでいた時は、

おバカ夫婦は涙を流し

喜んだのでした。

 

 

多頭飼いに必要なことは

根性と諦め

あくまでもこの夫婦の見解です。

 

あとは、

愛情しかいらないようです、

それも、過剰な(笑)

 

 

しかし、

穏やかな日常は

そうは続かないものでもあるんです。

 

またもこちゃんに、

試練が訪れることになってしまいました~(;^_^A

 

いつも、

ホントにごめんよ!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました